くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 引札暦

引札暦その5

戦前の祝日

史料

引札暦_戦前の祝日

※無断転載禁止

戦前の国民の祝日

史料は明治二十六年の略暦と呼ばれる引札暦で、祝日は赤い枠の中に書かれています。

明治政府は明治五年、祝日として、四方拝(現・元旦)、元始祭、孝明天皇祭、紀元節(現・建国記念日)、神武天皇祭、神嘗祭、天長節(現・天皇誕生日)、新嘗祭(現・勤労感謝の日)の八祝祭日を決定しました。

さらに明治十一年に春季皇霊祭、秋季皇霊祭(現・秋分の日)が追加され、祝祭日が十日になりました。これらの祝祭日は皇室中心で、神道一色でした。

それでは以下に各祝祭日の意味を見ていきましょう。

1.四方拝(しほうはい)・一月一日

元日に行われる朝廷行事で、天皇が天地四方の神を拝み、五穀豊穣や天下泰平を祈る儀式。

2.元始祭(げんしさい)・一月三日

宮中祭祀の一つで、宮中三殿(賢所・皇霊殿・神殿)で、天皇自ら皇位の原始を祝い、皇祖以下祖霊、諸神をまつる祭儀。

3.孝明天皇祭・一月三十日

先帝の崩御日を祀る祭。明治時代は孝明天皇祭、大正天皇は明治天皇祭で七月三十日、昭和時代は大正天皇祭で十二月二十五日。

4.紀元節(きげんせつ)・二月十一日

明治5年、明治政府により神武天皇即位の日として定めたられた国家の祝日。現在は「建国記念日」として、国民の祝日。

5.春季皇霊祭・三月二十日

春分の日に天皇・皇后が出席して、皇霊殿で行われる先祖祭。

6.神武天皇祭・四月三日

神武天皇崩御の日とされる。

7.秋季皇霊祭・九月二十六日

秋分の日に天皇・皇后が出席して、皇霊殿で行われる先祖祭。現在では「秋分の日」として、国民の祝日。

8.神嘗祭(かんなめさい)・十月十七日

天皇がその年の新穀を伊勢神宮に奉納する祭儀。

9.天長節・十一月三日

天皇誕生日の旧称。

10.新嘗祭(にいなめさい)・十一月二十三日

天皇が新穀を神々に備え、自らも食して収穫を感謝する祭事。現在では「勤労感謝の日」として、国民の祝日。

  

参考文献

史料情報

  • 表題:武州小川町紙荒物新井茂三郎[引札]
  • 年代:明治25/形態:一枚
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家4825
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

引札暦

1.引札暦とは/2.略暦とは/3.神武天皇即位紀元/4.大小とは/5.戦前の祝日

6.甲子、庚午とは/7.二十四節気と雑節/8. 日曜表/9.引札暦その2/10.三鏡宝珠形

11.歳徳神/12.金神/13.八将軍/14.干支のお祭り/15.八専/16.旧暦の大小

関連リンク

暦講座

1.陰陽五行説/2.十干/3.十二支/4.干支/5.八将神/6.金神/7.歳徳神/8.二十八宿/9.十二直

日付の解読

1.十干の解読/2.十二支の解読/3.閏月の解読

伊勢暦

1.伊勢暦とは/2.年号と干支/3.三鏡宝珠形/4.歳徳神/5.金神/6.八将軍/7.土公神

8.月の大小/9.月の干支/10.二十八宿と七曜/11.暦日の暦注/12.十二直